教育のこと

モジュールタイムと辞書引き学習

モジュールタイム

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也……。

教室に子どもたちのリズミカルで大きな声が響きます。
当校の特徴ある学習の一つである「モジュールタイム」で暗唱をする児童の様子です。
1時間目の授業前、朝の時間20分間を「モジュールタイム」として様々な活動を行っています。

群読・暗唱
名文と呼ばれる文章・漢文や古文など様々な文章を皆で読み、暗唱します。
百ます計算
10列10行の数字が交差するところを計算していきます。
英語フラッシュカード
カードやスマートボード(電子黒板)を使い、英単語や基本的な構文を復唱します。

辞書引き学習

辞書引きに取り組む子どもたちにとって、辞書は「読み物」です。読書の時間に辞書を取出し読み始める姿もしばしば。 やり方は簡単。調べたい言葉を引き、意味を確認したら、調べた言葉を書いた付箋を貼っていくだけ。 この単純で、でも結果がズバッと目に見える学習は、子どもたちに「知りたい」という豊かな知的好奇心を与えます。
辞書引き学習の目的はその「知りたい」という気持ちを自分の力で達成できる力を育てることです。 あふれそうな付箋を貼った辞書は、調べたい気持ちを刺激し、「新しい言葉への出会い」へと子どもたちを誘います。